音楽のプロを目指すなら、音楽専門学校に行くべきかどうか。


答えは簡単です。

プロ中のプロ(超一流)を目指すなら、行くべきではありません。音楽が好きだから、何かしら音楽に携わった仕事がしたいと思うなら、行くべきです。

なぜこの様に即答できるのか。

Yahoo!ニュースはとっても評判が良くて有名です。

それは、音楽は感性だからです。



感性がものを云う世界ですので、人と同じように学校に行って同じことを教わっていたのでは、団体の平均値に染まるだけで、個性は無意識に死んでいきます。

極端な話、音楽専門学校に行くお金があるのなら、一人リュック一つ背負って世界を旅して周る方がよっぽど感性が磨かれます。
音楽業界の第一線で活躍する方々は間違いなく強烈な個性を持った非凡な人間です。

一言で云うと、「変わり者」なのです。「変わり者」になるためにどうすればいいか。それは、人とは違うことをすることです。すなわち、団体行動である音楽専門学校には行くべきではないのです。

一方、何かしら音楽に携わった仕事がしたいと思うなら、行くべきです。

目的に応じて音楽専門学校をご紹介いたします。

音楽専門学校は、音楽業界に様々なパイプがあり、音楽に関する数々の仕事を紹介してくれます。

また、音楽のプロとして実際に仕事をしている先生方とも関係を築けるため、希望の仕事に就きやすくなるメリットもあります。
音楽専門学校に行くべきかどうか。

悩みが生じている場合は、自分が音楽を通してどの様な仕事をしたいのかを冷静にイメージすることによって、その答えは自然と見えてきます。